aboとお散歩

地元の公園でも北の地で繁殖を終えた…夏鳥たちの渡りが佳境に入って居ます… 近付く冬に向け…東南アジア方面への旅の途中の羽休めです… 今は時々見るだけになりましたが…冬鳥のキンクロハジロの姿も見えました

ある時、色鮮やかな鳥”のホバリングを間近に見ました!
カワセミ(翡翠)でした…初めて見るその美しさに惹かれカメラを向けるようになり、今では野鳥をはじめ…足元の花から旅の記録など、被写体は広がっています。


   ブロ友の皆さん、そしてコメントは無くても私のブログを見て下さって
   居る方々、このコロナ禍で無事過ごされておいででしょうか…

   ブログ投稿を終えた…と通知したaboでしたが、地元で初めてとなる野鳥
   の繁殖が見られましたので
その記録を投稿してみます。

   近年、オオタカが公園で鳩”を捉えて居た・・・
   など植樹が進んだんだ都市公園では、都会には縁のなかった野鳥などが
   生活の場としてその姿を見せることが出てきました。

   私がバードウォッチングを始めた翌年2011年、小型猛禽と言われる
   「ツミ」を観察したことが有ります、
   その記録は私の最初のブログ2011-7月と2014-7月「ABoつれづれの記」
   のカテゴリー「山野の鳥」に記されております。

    

~~~~~~~~~~~~~~


紫の「ムクゲ」が綺麗に咲き揃って居ます

P1080547

雛” 誕生を確認してから約10日ほど経過した
白い綿毛に包まれた
 ”雛”たちです

P1080415_NEW_NEW_NEW_NEW

母親の給餌を受けて…
右端の子は赤い生肉を銜えているのが見えます
P1080495_NEW_NEW

母親の黄色い虹彩が見えます
                   どれもUP出来ます
P1080505_NEW_NEW


例年の繁殖場所は此処から2~3km位離れた位置にありますが…
今回は住まいの直ぐ近くのこの場所で繁殖が有りました!
P1080531_NEW

P1080549_NEW

日増しに存在感が増してきます
白い綿毛から1週間で…
P1080628_NEW_NEW

立ち上がった姿”
同じ日ですが…体格差が目立ってきます
P1080651_NEW


ここで繁殖から巣立ち…
公園の樹間で成長しながら独り立ちするまでを動画で
追ってみました。
公園の造園環境も見て頂ければ…人にも…野鳥にも造られた自然で
あっても欠かせない条件だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=jA08l4Na5JU

巣立ち後はこのフィールドを…持って来いのトレーニング場として
独り立ちするまでを過ごして居ました
動画を見て頂けると、見た目は成鳥のように見えても
覚束ない動きが見て取れるでしょう・・・

P1080722_NEW

P1080672_NEW


雛たちは…鳴き交わしながらお互いを確認しているのか…
お母さんの給餌を待っての鳴き声か…分かりません
P1080692

腹部が薄いオレンジ色をしていて覚束ない動きから…
この子は5羽の中の ”末っ子”のようにも見えます
そして・・・腹部のオレンジは…
唯一の…男の子かも…
P1080708

白い綿毛から25日経過…
”精悍な感じ” は親鳥の雰囲気が漂います
P1080746

2羽で行動しています
やはり雛同士には纏まった行動が見られます
P1080737_NEW_NEW




昔、新潟に疎開していた頃(^^♪
遠く…独特な声が響いてくるのを聞きました
声の主はヤマバト(キジバト)
と教えられたものです
今ではヤマバトは公園の何処でも見られますが、タカ科の「ツミ」
が普通に都会で繁殖するようにもなってきたのです。

私の散歩コースへ来るとはと…繁殖域を広げる「ツミ」を
思い乍ら鳥だけでなく
都会は人にも住み易くなったのだと実感しています。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





    皆さんお元気でお過ごしの様子…ブログで拝見しています。

   何度も止めては再開してきた私のブログ「aboとお散歩」ですが・・・
   今度ばかりは…の思いで皆さんに通知して止めたのですが、ブロ友さんの様子を
   知りたくて時々コメントさせて頂いていました。

   「コモチマンネングサ」に関する記事でお話しするうち…ムカゴについて提示
   したくなり投稿することとなりました。

   「ムカゴ」は検索してみて…なんとなく分かるのですが確たる自信が持てて居な
   かったのでブロ友さんの記事を機会に「ムカゴ」を主題に記事にしてみました!



~~~~~~~~~~~~



  「コモチマンネングサ」  ベンケイソウ科・マンネングサ属 越年草

   「コモチマンネングサ」を検索すると、葉腋に ”ムカゴ ” が見られるとありま
   すが…その "珠芽”(ムカゴ)ってどんなものだろう・・・?
   と調べました。

葉の付け根(葉腋)の上部に…
小さな丸っこい葉の様なものが「ムカゴ」です

珠芽(むかご)が付くことから「子持ち」と呼ばれるそうです

(クリックで大きくなります)
P1080337


ムカゴは梅雨時に地面に落ちて、 そのままの形で冬越し…
翌春から生長を始めます
ムカゴは新芽のように短い葉が集まった形で、上面は平らになって居て
数枚の葉からなり、触れるとぽろりと落ちます
  いわゆる「種子」のようには見えませんが…
その役割をして居る
そうです

P1080338



    最後の投稿を見てみたら…まだ半年しか経っていませんでした…
    もう随分長い時間が経ったような感覚でした。




 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








御岳…①から続きます


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


振り返って見れば…南は沖縄から…北海道…海外ではハワイ…ヨーロッパ…
北欧まで…世界の一端を知ることが出来ました。
多くのブロ友さんとの交流を頂き、本当に感謝しています。


~~~~~~~~~~~~~~


植林されたエリアと自然林のエリアが
ハッキリ見て取れます
紅葉が見られる所自然林です

こんな風景の先に野鳥たちの踊るような自由な世界が有りました
IMG_1205

少しズームしてみます
P1070911

もう一段・・・
御岳の紅葉を背景に「ヤマガラ」
松ボックリの実を啄んで居ます
P1070887

P1070888

P1070892_NEW

こちらは蝶ネクタイをした
「ヒガラ」です
P1070951_NEW

こちらの「ヒガラ」が採餌している樹は…
葉”針の様ではなく平たく…葉先には窪みがあります
ツガ」(栂)との指導を頂きました
P1070932

P1070942

P1070919_NEW




野鳥を通したブログの世界…とても楽しませて貰いました…
この記事を最後にブログ発信の為のカメラは置き…お別れの挨拶とさせて頂きます。

私はこうした事情でブログから離れますが、ブロ友の皆様には之からもお元気で活
動されることを願って居ます。

広島の旅では「大久野島」を訪問した際は、当地のユッタリとした時間の流れの中
で家族と共に過ごせたことは何よりの思い出になりました。
またビジターセンターの皆様には…その後も何かとご指導を頂き、今回の「ツガ」
の樹名も含めてお礼申し上げます。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

↑このページのトップヘ